どんなステージでも3人しかいない迫力

どんなに大きなステージであっても、3人だけでパフォーマンスする、が大原則らしい。バックバンドもなければ、バックダンサーも無い。2010年、彼女等にとっての初東京ドーム公演でその潔さに感服。生ではなくて、DVD越しだったけれど。

もっと驚きだったのは、夏FESでの三人。他のロックアーティストとステージを共有だからか、ソロライブのような手の込んだ舞台演出は一切無し。ステージ後方にポツリとドリンクスタンドひとつと3人分のタンブラーがあるだけ。

バックバンドの迫力もなく、まさに彼女等のダンスパフォーマンスと楽曲性だけ。それで、Rock In Japanのオオトリまでこなしてしまったという。オーディエンスのうちそれなりのPerfumeファン以外の方がいらっしゃるだろうにと思うと、そのオーディエンスも含めて平面に広がった6万人近い熱狂の渦。ただ、圧巻だ。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)