ファッション系タイアップの狙うところ

pm1-e1427175418346

彼女達のCFタイアップはここ5年以上毎年何らかの取り組みが行われている。その中でもファッション系で有名なところでは、2010年春に展開された『NATURAL BEAUTY BASIC』のCFタイアップ。楽曲『ナチュラルに恋して』にのせて、あたたかい春の日差しの中で生き生きとした、女の子らしいナチュラルな表情を見せた逸作だった。楽曲『ねぇ』にのせた冬バージョンも彼女達自身が『ダンス用の衣装ではなくて、普段着のスタイルでダンスパフォーマンスするのは新鮮』とも語っている(Perfume Clips特典映像のオーディオコメンタリーにて)

そして今週プレス発表されたのが、東京・新宿『伊勢丹』とのファッションタイアップ。タイアップの内容は各媒体に譲るとして、推挙したであろう広告代理店や採用を決断したスポンサー各社の狙い所などを勝手に想像してみよう。

彼女達は極端な高身長やモデル体系をあつめた某国のアイドルグループなどとは違い、身長160、161cmと164cmのグループ。そして髪の色や髪型も極端に凝ったものではなく、普通に街中で見かける一般的な髪型とかなり保守的な黒髪を通している。近頃は身の回りや街中でもたまに高身長でモデルさんのような女性を見かけなくはないが、一般的には160cm前後の背姿だ。

彼女達をファッション系でCFタイアップをとご採用された側には、『一般の、普通の背格好の女性だって、黒髪も活かしてこんなにカワイくファッショナブルになれる』という点を訴求したいのではないだろうか。『NATURAL BEAUTY BASIC』にしろ『伊勢丹』にしろ、彼女達と年頃が近い女性たちが身近にアクセスするファッション媒体であるのだと思う。だから、CF等の中で訴求するファッションアイテムが、グラビアに出てくるモデルさんだけではなくて一般的なスタイルだってこうなるのだと、彼女達がリアリティの高いマネキンとして取り上げられているように感じる。

今回のプレス発表で唯一解禁となったビジュアルは、この画像のみ。どうやら新宿伊勢丹のショーウィンドウを、Perfumeマネキンが飾っているなんて設定のように見える。彼女達のコンセプトである『Robotics, Futuristic and Mysterious, doll-type girls, well choreographed with laser beams』にも通ずる場面のようで興味深い。このタイアップと新譜のMVは『NATURAL BEAUTY BASIC』の時のようにオーバーラップしているというから、なおのことMVの解禁への期待も高まる。

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ファッション系タイアップの狙うところ」への2件のフィードバック

  1. 連投、ありがとうございます!
    今回の伊勢丹コラボを通じて思うのは、Perfumeには性の匂いが全くしないということ。お嬢さんたちの水着グラビアはおろか、(昔はともかく、今や)チューブトップの衣装すら想像できないでしょ?
    今の芸能界でそういう存在ってちょっと他に思い当たりません。48人衆のように、ばっちり女の子アピールか、aiko姐さんのように本音全開で同性の共感を得るタイプとか。どちらもハイファッションには似合いません。逆にガガ様のようにハイファッション過ぎると遠い存在になってしまいます。
    デパートという『手の届くオシャレ』を手に届くオシャレを提案する舞台に今のperfume以上にフィットする存在を思いつきません。
    Perfumeのもつクリーンなイメージはデパートだけでなく、どんなCMにもぴったりだとおもうのですが、いかがでしょうか、電通さん。

    • 『手の届くオシャレ』、いい表現ですね。このエントリーを一言で表すとすれば、このフレーズがぴったりです。そういうことを言いたかっただけです。

      一方、CMタイアップは数をしぼっているのですかね。それとも一方的な宣伝塔ではなくてPerfume側から提示する条件(音楽コンテンツとの連動やキャッチフレーズの連動が結構しっかりされています)が厳しいからなのか。オファーはたくさんありそうな気がします。現代社会でむしろ浮世離れしてしまったクリーンなイメージ、商品訴求には持って来いですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)