彼女達の情熱を後押しするのは

15903435258_8f83596837_z

Perfume WORLD TOUR 3rdのレビュー記事、もう一誌が『WHAT’s IN?』だ。『音楽と人』誌の10ページ記事に比べると総4ページ、テキストは正味1ページのコンパクトさだが、なかなか興味深いレビューが掲載されている。

 

のっち シンガポールで「自信持って」と言われたときに、「もっと情熱をぶつけてほしい」みたいなことも言われたんです。クールなパフォーマンスを見せようとするあまり、熱の乗せ方を忘れてたのかなと思いましたね。今一度、情熱を自分の中に沸かそうと思ってその後に臨めたのはよかったかなと。

 

あ~様も同じことに言及していて、異国での公演に対して伝わったかどうか煮え切らない気持ちに対して「そんなにビビんなくていい。もっと胸張って、自信持って行け」とシンガポールの人に言われたこと、そしてその煮え切らなさを払拭するため彼女達の初武道館公演の映像を振り返って情熱のぶつけ方を改めて見出したらしい。一方、ゆかさんは2人とは違って迷いは無く気持ちは強く持てていた、と。『ぐるんぐるん』ツアー直後でライブ感覚が続いていたからと言及しているが、実に彼女らしい芯の強い部分を語っている。

我々日本留守番組がシアターのスクリーン越しに見たNew Yorkでの彼女達は、余裕綽々で堂々とした様でてっきり数々のステージを踏んだ経験からだと勘違いしていたが、その煮え切らなさを乗り越えたからだったようだ。この『シンガポールの人』というのがMeet & Greetで出会ったファンなのか地元のイベンターさんだったのかは定かでないが、彼女達が周りのスタッフやファンからのフィードバックに注意深く耳を傾けて取り入れていることは事実ということが判る。

3回もの海外ツアーを経て、アウェイだと言われたロックフェスティバルでもトップライナーまで上りつめた彼女達にまだ迷いがあったことには正直驚いたが、この謙虚に吸収し続ける姿勢が彼女達自身の活動を支えているのならば今後も簡単に飽きられることは無いだろう。日本国内のツアーで集められるファンからのアンケート全てに彼女達が注意深く目を通しているのは既に公然の事実だが、これは我々にも彼女達の情熱への後押しができることを今回の記事が物語っている。我々の側も情熱をどうぶつけていくか、心して臨みたい。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)