彼女達からのメッセージ

baloon_achan

Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」(2013年)のエンディングでオーディエンスへ舞い降りた風船にしたためられた、彼女達からのメッセージ。20歳台前半の人達にしてはなかなか重いメッセージが伝わってくる。

まるで演歌歌手のように活動開始から7年もかけてブレイクした彼女達は、『無駄なことなどひとつもなかった』(Perfume LIVE@東京ドーム「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」2010年 アンコールMCでのあ~様の発言)としているが、思いの通りに行かなくて辛い事も山ほどあっただろうし今も苦悩はありつづけるのだろうが、我々には常に綺麗なところだけ見せてくれる。それがエンターテインメントだからと言ってしまえば簡単だが、彼女達の成り立ちを知れば知るほどこの風船に書かれたような事の重みが増してくる。

誠実に、感謝をし続けて、とってつけの挨拶やお礼の言葉ではなくこういった言葉を重みを投げかけられるのは、彼女達の過去の長い苦労と今の成功と躍進がその信憑性で包み込んでくれて、我々オトナファンにとっては自分がそうであり続けられていない恥ずかしさとともに少しでも彼女達のような誠実さに近づけたらと、また新たな部分に引き込まれていく。

彼女達のライブは実に楽しくてアットホームな一方、パフォーマンスの多くは至極Coolでカッコよくまとめられていて、終わった瞬間は寂しさとともに充足感に満ち足りているのだろうと思うけれど、そこにこんなスピリチュアルなメッセージが時に飛び込んできたりして別の気持ちに沁みてくる。今回は風船メッセージだったが、終演近くにあ~様の涙ぐんだMCからもそれは伝えられてくる。このスピリチュアルな要素は、自分の中で彼女達の存在を放っておけない理由の大きな位置を占めている。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)